あなたの生活のAからZまで、あなたの想像を超えて行動する企業...株式会社アビーズ

ご挨拶

ご挨拶

代表取締役社長 関東義則

 平成23年3月11日 14時46分 未曾有の大震災が発生しました。

 仙台駅前にあるビルにいた私は、足元がぐらつく中やっとの思いで窓際に辿り着くと、その目に飛び込んできた光景に驚愕しました。

 向かい側に立つビルが今にも倒れそうなほど揺れていたのです。

 揺れも収まりビルの外に出てみると、あちこちのビルでガラスが割れ、外壁が剥がれ落ち、貯水タンクからは水が漏れ出していました。

 その後次々と報道される震災の被害は筆舌に尽くしがたいものでした。

 電気がない暗闇の中で生活するという事がこんなにも不安に溢れ、怖いものなのかと感じたのは私だけであったでしょうか。

 通信機器や電灯が使えない状況の中でしたが、責任感ある従業員達が緊急事態と察し、自らの意志で次々と出社し詰所で寝泊まりの待機をしました。

 やがて灯油も底をつき、炭や練炭で寒さをしのぐ有様の中で、電気を使えない不便さとライフラインの重要性を改めて痛感させられました。

 きっと被害を受けられた地域の方々は私どもの想像もできないほどの不安と恐怖を感じたられたはずです。

 そのような中で社員が一致団結し、電力インフラ設備の緊急対応で大規模な点検やメンテナンス、移動体通信設備への仮設発電機設置など、昼夜を問わず必死に復旧作業に取り組んだことは今も昨日のことのように思い出されます。

 本日、あれから数年の歳月が過ぎ、改めて犠牲になられた方のご冥福をお祈り申し上げます。

 弊社は、生活になくてはならない大切なインフラストラクチャーを支える企業であるとともに、全従業員のゆるぎない結束と誇りを持って皆様方の生活向上に貢献できる企業であると自負しております。

 「皆様の生活を私たちが支える」という強い気持ちのもと、これからも日々の業務に邁進していくことをここに固く誓い挨拶に代えさせていただきます。

平成28年3月11日

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional